親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

2019年08月04日(日)会員追悼法要は高森顕徹会長当日欠席発表。8月11日の同朋の里行事に見る親鸞会の今後。

2019年08月04日(日)親鸞会館(富山県射水市)にて、会員追悼法要が行われました。しかし、高森顕徹会長はドクターストップがかかったとのことで登壇しませんでした。しかも、その発表は当日朝10時まさに行事が始まる直前に会場で参詣者に向かってされま…

映画「歎異抄をひらく」で「絶対の幸福」はどういう意味で使われているか。(「人は、なぜ、歎異抄に魅了されるのか」(伊藤健太郎著)を読んだ感想(2))

前回の続きです。 shinrankaidakkai.hatenablog.com この映画「歎異抄をひらく」は、最近になり修正版の作成が決まったそうです。そのため、このブログで指摘した箇所が修正されることもあるかもしれません。この記事は、映画公開当時のシナリオに基づいて書…

映画「歎異抄をひらく」のシナリオが収録された「人は、なぜ、歎異抄に魅了されるのか」(伊藤健太郎著)を読んだ感想(1)

2019年07月07日(日)広島に行くご縁があり、映画「歎異抄をひらく」が上映されていたので109シネマズ広島に行きました。以前映画「なぜ生きる」を映画を観たのと同じ劇場なので、今回も当日行って入場券を買おうとしたところ、満席となっており観ることが出…

親鸞会が新たに作った法人学徒制度とは

前回のエントリーに書きました法人学徒制度について書きます。 2019年になってから出来た制度のようですが、名前の通り「法人」が親鸞会の会員となれる制度です。 申し込み書は、以下のようになっています。親鸞会 法人学徒申し込み書種別として 法人学徒1 …

機関紙で平成の親鸞会を振り返る(3)

shinrankaidakkai.hatenablog.com shinrankaidakkai.hatenablog.com 今回で、最終回です。平成21年から31年までの親鸞会を振り返ります。 この期間は、富山の聞法ドメインから一転して、各地域会館建設と映画「なぜ生きる」でほぼ終わりました。 平成2…

機関紙で平成の親鸞会を振り返る(2)

shinrankaidakkai.hatenablog.com 前回の記事の続きです。 平成11年 世界の光親鸞聖人シリーズ完結編発売・顕真学院新館完成・蓮如上人500回忌法要 世界の光親鸞聖人シリーズ完結編が完成 これにより、「光大作戦」「光法戦」は事実上の終了となりまし…

機関紙で平成の親鸞会を振り返る(1)

2019年05月01日(水)から元号が変わりました。その数日前から平成を振り返る記事や番組が多く作られました。 そこで、元号はかわりましたがこのブログでも平成の親鸞会を振り返ってみます。思ったより長くなってしまいましたので、平成10年までが今回の記…

2019年04月13日14日親鸞会館での降誕会は高森顕徹会長による映画「歎異抄をひらく」の宣伝だった件

2019年04月13日(土)14日(日)親鸞会館(富山県射水市)で、宗教法人浄土真宗親鸞会による親鸞聖人降誕会が行われました。高森顕徹会長は講演で「真宗の極致」について話をしたそうです。その内容については、すでに他の方のブログにも詳しく書かれている…

2019年4月13日14日親鸞会館降誕会・演題「真宗の極致」の内容を、青年婦人学生大会と3月24日「なぜ生きる」映画解説の内容から予想する。

shinrankai.jp 2019年04月13日(土)14日(日)親鸞会館(富山県射水市)で、高森顕徹会長が話をする「親鸞聖人降誕会」が開かれます。 演題は「真宗の極致」です。 今回は、「真宗の極致」について、高森顕徹先生の講演があります。「極致」とは、これ以上…

2019年の降誕会チラシに「降誕会」の文字がなくなったことから見える高森顕徹会長の変化

前回のエントリーで、親鸞会(高森顕徹会長の話)が以前に比べて変わったという点について書きました。 まとめていうと、「親鸞聖人のみ教えを徹底する」団体から「高森顕徹会長の教えを徹底する」団体に変わったというこことです。 今回は、その変化の表れとし…

高森顕徹会長の講演DVDを見て、「法話」から「映画解説」になった理由が分かった件

2019年02月17日(日)親鸞会館での二千畳講演がありました。 会場で案内があり、2018年12月の高森顕徹会長「なぜ生きる映画解説」のDVDが販売されました。価格は1800+税となっています。ちなみに、公式サイトでも10分間は誰でも見ることができま…

2019年4月13日14日親鸞会館での降誕会の演題が「『真宗の極致』について」と知り思ったこと

宗教法人浄土真宗親鸞会(富山県射水市)機関紙・顕正新聞2019年(平成31年)2月1日号を読みました。今回は、青年・婦人・学生大会と降誕会の日時が掲載されていたので紹介します。顕正新聞2019年2月1日号3面より上記のように、青年・婦人・学生大会…

「年頭所感・高森顕徹会長自分で書いていない説」から見える親鸞会の未来

顕正新聞(親鸞会機関紙)2019年1月1日号を読みました。毎年1月1日号は、高森顕徹会長の年頭所感が掲載されています。高森顕徹会長が顕正新聞に記名ありで寄稿することは年に一回のことなので、会員は「高森会長からの年賀状」と思って読んでいます。 しか…

「善知識(高森顕徹会長)を疑うな」「命がけで聞け」の親鸞会館初聞法会(2019年01月03日親鸞会館行事より)

2019年01月03日(木)親鸞会館(富山県射水市)で、高森顕徹会長の話がありました。 内容については、以下のブログでも言及されています。 hiun.cocolog-nifty.com shingikensho.blog12.fc2.com 今回の演題は、以下のものです。 質問 「宗の極致」と「『歎異抄…

高森顕徹会長が二河白道の譬えを繰り返す理由を考える。

年が明けましたが、2018年12月23日に親鸞会館(富山県射水市)での高森顕徹会長の話について書きます。すでに、話の内容については以下のブログにも書かれています。 hiun.cocolog-nifty.com shingikensho.blog12.fc2.com この日は、映画「なぜ生きる」を見た人…