親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

正信偈最初の二行

「親鸞は阿弥陀仏に救われたぞー!(親鸞会・高森顕徹会長の正信偈最初の二行の解説)が間違いである2つの理由(その2)

「親鸞は阿弥陀仏に救われたぞー!(親鸞会・高森顕徹会長の正信偈最初の二行の解説)が間違いである2つの理由(その1) - 親鸞会を脱会した人(したい人)への続きです。今回は、(2)「よりたのむ所は仏因(法)であって、仏体(阿弥陀仏という仏)は仏…

高森会長のいう正信偈の最初の二行の解説(親鸞は阿弥陀仏に救われたぞー)が、親鸞会に留まり続ける理由

「信心決定=阿弥陀仏に救われたぞー(高森会長がいう正信偈の最初の二行の説明)」ではありませんを、今後詳しく書いて行きます。 - 親鸞会を脱会した人(したい人)への続きです。親鸞会教義についての批判で、一番問題だと思ったのは、この「正信偈の最初…

「信心決定=阿弥陀仏に救われたぞー(高森会長がいう正信偈の最初の二行の説明)」ではありませんを、今後詳しく書いて行きます。

以前のエントリー親鸞会・高森顕徹会長の正信偈の最初の二行の解説「親鸞は阿弥陀仏に助けられたぞー!!」は間違いである理由 - 親鸞会を脱会した人(したい人)へについて、思うところがありもう少し詳しく書き足すことにしました。 理由は、正信偈の最初…

親鸞会・高森顕徹会長の正信偈の最初の二行の解説「親鸞は阿弥陀仏に助けられたぞー!!」は間違いである理由

宗教法人浄土真宗親鸞会の高森顕徹会長のいうところの「親鸞聖人の教え」は、実際の親鸞聖人の教えとは違います。それについて、当ブログだけでなくいろいろな方が指摘されているところです。 今回は、「高森会長の正信偈の最初の二行の解説は間違いである」…