親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

顕真・高森顕徹会長のつぶやき「自転車人生」がいろいろと考えさせられる(2018年5月号顕真を読んで)

親鸞会の機関誌顕真2018年(平成30年)5月号を読みました。顕真は、ある程度以上の会費を出す会員のみの機関誌なので、書いている内容も、より活動のやり方が具体的であったり、高森会長の文章もより本音が出ているものとなっています。


一例をあげると、同じく顕真の2018年4月号の高森会長のコラムを紹介します。
f:id:yamamoya:20180701040129p:plain

歎異抄をひらく』の前に、『歎異抄解説書』なく、『歎異抄をひらく』の後に、『歎異抄解説書』なしと、後世、噂する者が現れるかも知れぬ。

熱心な会員以外の人がこれを読むと、「これは冗談なのか本気なのか」と判断しかねると思います。しかし、これは紛れもなく高森顕徹会長の本音です。

このように、顕正新聞には少々掲載するのが憚られるような高森顕徹会長の本音が掲載されているのが、顕真掲載のコラムです
コラムというよりは、つぶやきですね。歎異抄をひらく10周年記念大会を前に、思わずツイートしてしまったという感じです。仮に高森顕徹会長がTwitterを使っていたら、きっとつぶやいただろうなというものです。


そして、2018年5月号顕真のつぶやきは以下のものです。
f:id:yamamoya:20180701040156p:plain

自転車人生
止まったら倒れる自転車
走り続けねばならぬ自転車
こぎ続けねばならぬペダル。
踏み続けねば倒れる人生
止まることの許されぬ人生
走り続けねばならぬ人生。
悲惨な自転車人生と訣別しよう。

この号が発行される前後で、新聞の一面広告で親鸞会館での高森顕徹会長の講演会を出したり、講演会の動画をネット公開するなど今までにない動きを親鸞会はしてきました。


以前のエントリーにも書きましたが、自転車操業状態の親鸞会もかなり苦しい状況なのでしょう。また、高森顕徹会長自身の人生も、90を目前にしていろいろと思うことがあったのでしょう。自らを「500年に一度の善知識」「真仮の水際を説き切ることができるのは高森会長のみ」と会員にいわせて、「無二の善知識」という自転車で走り続けた人生に少々疲れてきたようです。


これは、高森顕徹会長一人を明かりに走り続けた会員にも同じことが言えます。「踏み続けねば倒れる」「止まることの許されぬ」「走り続けねばならぬ」というのは、親鸞会会員にとっての聞法求道人生そのものではないでしょうか。また信仰といっても同じです。


どれだけペダルを踏み込んでも、ないものはないのです。南無阿弥陀仏は、そんな何者にもなれない、どこにも行けない私のために、ただ今救うと呼びかけられています。自転車を下りて、南無阿弥陀仏に乗じて下さい。

なにがなんでも参詣者を増やしたい親鸞会・高森顕徹会長(顕正新聞2018年6月15日号を読んで)

親鸞会機関紙顕正新聞2018年(平成30年)6月15日号を読みました。
以下、思ったことを書きます。

人集めが最大の関心事

6月の親鸞会館での高森顕徹会長の法話も一般紙に一面広告を掲載し、またその動画を公式サイトで公開しています。
その上、今回の機関紙である顕正新聞の一面は、「追悼法要には家族・親戚と」でした。
f:id:yamamoya:20180618145124p:plain


私が知る限り、追悼法要に家族を誘うということは推進されていましたが、6月からこれが一面の記事になると言うのは初めて見ました。
なにがなんでも親鸞会館に多くの人が参詣していなければならない状況が必要な親鸞会にとっては、この「参詣者数」こそ一大事のようです。


しかし、6月の親鸞会館での高森顕徹会長の講演会の参加者は、よくていつも通りで、新聞広告などの効果はそれほどなかったようです。加えて、今回公開された6月の高森顕徹会長の動画(午前の前半41分)公開は、むしろ参詣者増に効果があるとは思えません。
私も今回公開された午前の前半の動画を見ましたが、話しの内容が殆どありません。これを見て、続きを聞きたいという人はあまりいないと思います。


参加した人から聞きますと、午前の前半で語っていた「どうすれば絶対の幸福になれるのか」「絶対の幸福になるとどうなるのか」の話は殆どなかったようです。
また、阿弥陀仏の本願は「絶対の幸福に救うという本願」という説明を強調し、その根拠はまったくありません。


高森顕徹会長の話は、もともとそうだったのですが、現状は「絶対の幸福の強調」が一番力を入れているようです。
法話の中で「絶対の幸福=永久の闇より救われたこと」と言いますが、それがそのまま「絶対に崩れない幸福」ということは間違いです。高森顕徹会長の話で「絶対の幸福」の語義は多岐にわたり、真宗の言葉を出して「イコール」だと言う時もあれば、全く別の説明をする時もあり、つまるところ「絶対の幸福」の真宗における対応する言葉がないのが実情です。


ただ、その強調している「絶対の幸福」も、こういえば参詣者が増えるだろう、続けてくるだろうという意図が話から透けて見えるので、どうしても続きを聞きたい人は、初めての人ほどいないでしょう。


種々の事情で、親鸞会館行事の参詣者数を多くしなければならない親鸞会ですが、元会員から見ても、打てる手は全て打っているというのが現状です。それでも参詣者が増えないとすれば、その原因は一つしかありません。それは、無料公開までした、高森顕徹会長の話に浄土真宗の中身がないからです。そのため「本当の親鸞聖人の教えを聞きたい人」は続けて聞きに来ませんし、「絶対の幸福になりたい人」も、その結論の話が出てこないので足を遠のけてしまいます。かつて、参詣者を引き寄せるために話をしていた「時間がないのでまた次回話します話法」が今日では全く裏目に出ているということです。


「真仮の水際を説き切るのが善知識」と言いながら、私の知っている高森顕徹会長の話は「説き切る」のではなく「また来週」の話が殆どでした。長年の会員も、さすがにこの話しかたにはついて行けなくなった人が多いでしょう。新しいご縁の人は、なおさら「忙しい中来たのに結論まで話がない」ことに失望していることと思います。


参詣者数をどうしても気にする高森顕徹会長に一言いうならば、以前散々言ったことを有言実行し「真仮の水際」を説くことです。長年の会員それを聞きたくて、遠路を厭わず親鸞会館まで足を運んでいます。また、「私は真仮の水際は説けません」というのならば、今からでも遅くはありませんから、会員の前でそれを認めて謝罪することです。そうすれば、みな安心して親鸞会を離れることが出来ます。

一 一宗の繁昌と申すは、人のおほくあつまり、威のおほきなることにてはなく候ふ。一人なりとも、人の信をとるが、一宗の繁昌に候ふ。しかれば、「専修正行の繁昌は遺弟の念力より成ず」(報恩講私記)とあそばされおかれ候ふ。(御一代記聞書 浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版P1271)
(現代文)
一宗の繁昌というのは、人が多く集まり、勢いが盛んなことではない。
たとえ一人であっても、まことの信心を得ることが、一宗の繁昌なのである。
だから、『報恩講私記』に、「念仏のみ教えの繁昌は、親鸞聖人のみ教えを受けた人々の信心の力によって成就する」とお示しくださっているのである。

http://labo.wikidharma.org/index.php/蓮如上人御一代記聞書#P--1271

浄土真宗の繁昌とは「一人なりとも、人の信をとる」ことです。
今の親鸞会は「誰も信をとらないけれど、二千畳は満堂」を目指しているようにしか思えません。「二千畳を満堂にする」のが真宗の繁昌と思っているのなら間違いです。二千畳が満堂になろうがなるまいが、「一人なりとも人の信をとる」ことが大事です。


親鸞会会員の皆さんは、自身の信不信はさることながら、高森顕徹会長が「信を取れ」と勧めているかを考えて見て下さい。そうでないと思うなら、親鸞会以外で法を聞くのが適切です。

「二十数年前大学入学時に勧誘されるも、まともに活動に参加しなかったために十二月頃に切り捨てられた経験がある者です。(略)当時勧誘していた方々はどのような気持ちで活動していたのかと、今更ながら聞いてみたいと思うことがあります。」(元敗残者さんのコメントより)

安心問答に頂いたコメントですが、親鸞会の活動に関することなのでこちらにエントリーを書きます。

元敗残者 2018/06/07 00:44
初めてコメント致します。
二十数年前大学入学時に勧誘されるも、まともに活動に参加しなかったために
十二月頃に切り捨てられた経験がある者です(同時期に切り捨てられた同期もいました〕。
恐らくは兵士として使い物になりそうもない連中は早いうちに切り捨てる方針が
親鸞会には存在していたのでしょうが、
こちらとしては切り捨てた先輩に対して
「自分の功徳のためならば平気で他人を利用したり切り捨てるのか」と
憤りを感じたものでした。
当時勧誘していた方々はどのような気持ちで活動していたのかと、
今更ながら聞いてみたいと思うことがあります。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180603/1527971712#c1528299869

元敗残者さんコメントを頂き有り難うございました。
私が親鸞会に入会したのは今から25年前なので、ほぼ年代は重なると思います。当時は、親鸞会学生部も会員数がどんどんと増える時期で、入会者数を追い求めている時期だったと記憶しています。

私が活動していたのは関西学院大学でした。最後は部長をしていましたが、大学時代の4年間で入会したけれど退会した人、入会まではしないまま離れていった人は多くあります。これを書いている間にも、それらの方々の顔が頭に浮かびます。

当時の私が何を考えて活動をしていたのかを振り返るとは、親鸞会の教義と組織にどっぷりと浸かり、親鸞会というシステムに逆らわないように、従うようにというのが行動基準でした。


丁度受験シーズンの受験生のような感覚です。決められた出題傾向に答えるべく、それに合わせた努力をし、それに付いていけない人がいても、そこに心を振り向けている余裕がないようなものです。


「倒れた法友の屍を乗り越えて」という高森顕徹会長の言葉も真に受けて、その通りに活動をし、退会した人や入会しないまま離れていった人のことを振り返る余裕はありませんでした。


しかし、これは本来の浄土真宗からいえばおかしなものです。真宗宗歌に「みくにの旅をともにせん」と歌いながら、受験競争のような気持ちで信心決定しようとするのは矛盾しています。そうなってしまった原因は、「宿善を厚くする」とか「蒔いたタネは必ず生える」の教えをすり込まれ、つまるところ阿弥陀仏の救いを求めいてるといいながらも、思い切り損得でしかものごとを考えない人間になっていました。


高森顕徹会長の話を遠路はるばる聞きに行くのは、自分の求道にとって「得」だからするのであり、親鸞会が推奨しないことをするのは求道にとって「損」だからしなくなりました。また、縁がはなれそうな人、親鸞会の活動についていけない人に対して、本当に親身になって相談に乗るとか、会のおかしなところを改善しようということをしてこなかったのは「得にならない」からです。


結局、自分の求道にとって親鸞会的に言えば「横の線を進むこと=得なこと」「横の線を進まないこと・後退すること=損なこと」という考えで行動していました。今考えると、そんな損得勘定ばかりしていては、阿弥陀仏の本願が聞けないのは当然のことです。去っていった人には、今思えば本当に申し訳ないことだと思います。


学生部で言えば、そのうち「幹部合宿」という指摘合宿で「親鸞会会員としてあるべき姿でないもの」が衆人のまえで一斉に指摘され、「ああはなるまい」というまたしてもわが身可愛さの損得勘定で、ますます親鸞会が望む親鸞会会員になろうとしました。


その行き着く先は、「親鸞会講師部員になること」でした。親鸞会というシステムになんとか適応しようとした学生は、最後講師部、特専部、親友部になろうとします。私もその一人でした。


しかし、講師部員になっても、構造は同じでした。毎月行われる「講師部総会」では「問題のある講師」が、全講師部員約200名から一斉に指摘をされ、講師部合宿ともなれば泊まり込みで同じような指摘会合が続きます。
その指摘の内容はほぼ「高森顕徹会長に申し訳ないと思わないのか」とか、「親鸞講師部は会員の模範たらねばならないのではないのか」「命を懸けると誓って講師部に入ったのではないのか」というものです。自分が指摘されなくても、そのような指摘をずっと聞いていると、それらの指摘が内面化していき、自分の行動規範になっていきました。


その結果、常に高森顕徹会長や上層部の方を向き、会員のみなさんの要求にはそれほど耳を貸さない講師部員が出来上がっていきます。それも、組織の中での指摘されるされないという、ただの損得勘定の話です。


私は、直接面識がある方かどうかは分かりませんが、もしそうならばこの場を借りて本当に申し訳ないことをしたと、お詫び申し上げます。会がどうあれ、その会の指示に従ってしまったのは、私が弱かったからという以外にありません。

親鸞会講師部員は「なぜ生きる」?

前回のエントリーで、親鸞会の経営状況がかなり厳しいのではないかということを書きました。
今回は、振り返ってみるとこの動きは実は2・3年前から想定されたものだったのではないかということについて書きます。

学徒タブレットは講師部員解雇のための布石

f:id:yamamoya:20180605153127p:plain

親鸞会機関誌 顕真2016年(平成28年)2月号P26より
sayonara1929.txt-nifty.com

機関誌や上記ブログにも書かれていますが、2015年(平成28年)後期から、会員に「学徒タブレット」という名前のタブレットを持つように推進されてきました。
活動する会員が、一人一人タブレット端末をもち、その中に親鸞会が用意する「真宗の教えの解説動画」「親鸞会アニメの解説動画」「勤行の音声と文字の再生」などなどが出来るようになっています。それを用いて、会員が個人的に誘いたい人に紹介したり、一緒にタブレットで解説動画を見て、親鸞会に入会、やがては親鸞会館の高森顕徹会長の法話に参加しましょうというものです。

実際にこの「学徒タブレット」を使って、知人や親族を親鸞会館にさそった会員何人もおられるようです。

私は、最初この「学徒タブレット」の話を聞いた時は、また新しい商品を会員に買わせてお布施集めをしているのではないかと思っていました。しかし、これは講師部員解雇の為の布石だったのだということが、今になると分かります。

経営的に行き詰まると、真っ先に講師部員を解雇してきた親鸞会

経営的に行き詰まった親鸞会が、これまでにやってきたこととして代表的なのは講師部員のリストラ(事実上の解雇)です。
2002年(平成14年)に支部長制度が始まりました。これは、「講師部員一人一人が、法話に立ちそのお布施だけで生きていく。高森顕徹会長の歩んだ道を進むように」という建て前で始まったものです。
それ以前は、講師部員は親鸞会の「職員扱い」で、基本給も支給され、厚生年金にも入っていました。しかし、支部長制度が始まってからは、全員が個人事業主となり、国民年金を自分で払うという形になりました。これは、外部の人から見ると事実上の解雇なのですが、会にいる講師部員は殆ど気がつきませんでした。私も、親鸞会を除名になりハローワークや労働基準監督局に相談して、やっとその事実に気がついたというくらいのものです。
これは、正本堂建立に関して、建設費や維持費の確保の為の人件費の圧縮のためにしてきたものです。


それに伴い、支部長は自ら法話に立つことはその後禁止され高森顕徹会長のビデオ法話を上映する責任者で、自分の話はその前にする10分間説法のみ(原稿は親鸞会が用意したものに限定)となっていました。私も当時担当していた会員から「どうして、あなたが話をしては成らないのですか?ビデオならば、あなたでなくても再生できるではありませんか」とよく疑問を投げ掛けられたものです。


確かに、高森顕徹会長の法話の録画を再生する機械の操作と、親鸞会が用意した原稿を覚えて話をするだけならば、特別「親鸞会講師」でなくてもいいわけです。当時いた「ビデオ講師」でもできることです。そのころから、親鸞会講師の仕事は「自ら法話に立ち参詣者に話をすること」の割合が薄れ、高森顕徹会長の法話に誘うこと、お布施を集めること、会費を集めること、機関紙を配布することが多くなっていきました。


その後、ネットでの座談会の配信などなど変化があり、数年前からは講師が話をすることができるようにはなったようですが、その間失われた十数年は確実に講師部員の教えの真偽はさておいても技術はそうとう落ち込んだと思います。それは、先日公開した高森顕徹会長の講演会動画のアシスタントや、オンライン講座の講師の話を聞いてみるとわかります。少なくとも、支部長制度が始まる前の方が、渡部さんも、大見さんも魅力のある話をしていましたよ。

二度目の解雇 親鸞会講師

そこに加えて2018年(平成30年)から、支部長制度が廃止され、各地の支部長は親鸞会講師から各地の会員になりました。それにともない、各地での親鸞会法話への誘いも会員が主体となり(一部はタブレットを使い)、お布施も会員が募るようになりました。


こうなると、事実上「親鸞会館へ人を誘う」「お布施を募る」「会費を集める」「連絡事項を伝達する」以外のことをしていなかった、親鸞会講師は存在意義がなくなってしまいます。



それまでは、各支部に担当の支部長ということで親鸞会講師を「死なせないで下さい(当時の高森顕徹会長の言葉)」ように、地元の会員の皆さんは、なんとか支部長を支えようと地域によっては相当頑張ってこられました。


しかし、今年からの制度変更で、地元の会員からすれば、特定の講師をなんとか支えようという理由が無くなりました。事実、相当数の講師部員が実家に戻り、実家暮らしを始めています。実家のご両親からすれば、もう縁が切れたと思っていた子供が帰ってくることを拒む人は大多数ではないかもしれません。そこに加えて、今回の高森顕徹会長の動画公開です。支部長を支える為に、支出していたお金を親鸞会に出せといっているようにしかみえません。

こうして人材を使い捨てにしてきたのが親鸞会です。
yugaomemo.hatenablog.com



その一方、親鸞会講師も若くはありません。一番多いのが、60代〜40代でしょう。親御さんといっても、90代から70代の年金世代です。

www.nhk.or.jp

今、40代・50代の働き盛りの世代に異変が起きている。親の介護などがきっかけで働けなくなる人が増えているのだ。独身中高年650万人のうち6人に1人が無職、特に介護は独身者ほど負担が重い。こうして、長期間、働けなくなり、求職活動もあきらめてしまう人はミッシングワーカー(=消えた労働者)といわれ、問題視され始めている。労働市場から消えた存在、ミッシングワーカーの実態に迫り、解決策を探る。

丁度、NHKドキュメンタリーで、「ミッシングワーカー」というのを放送していました。
私は、親鸞会講師にどうしても重なって見えて仕方がなかったので、どうか見て欲しいと思います。

解雇によって、「なぜ生きる?」親鸞会講師

今年の制度変更により、多くの講師部員は実家に戻り、かつて縁のあった会員に連絡をとって、なんとか「親鸞会講師」の体裁を保っている状態です。
しかし、それも「高森顕徹会長が親鸞会館で話をしている」前提でのことです。
私もそうでしたが、親鸞会講師は「高森顕徹会長の法話に誘う」以外に存在意義がありません。遠くない将来に、高森顕徹会長の法話が無くなったら、親鸞会講師は「なぜ生きる」のでしょうか?



貴方はなぜ「高森顕徹会長から聞いた話」を、人に話しているのでしょうか?誘うべき「高森顕徹会長の法話」が無くなってもそれを続けるのでしょうか?


「人」として「なぜ生きる」は、親鸞会ではいろいろ聞かれているでしょうから敢えて聞きません。
しかし、「親鸞会講師」として、将来「高森顕徹会長が法話をしなくなったら」貴方は「なぜ生きる」のでしょうか?
IPを追跡しませんので、コメントある親鸞会講師の方はどうぞコメントお願いします。

高森顕徹会長講演会の新聞広告、ネット広告から見えるもの

yugaomemo.hatenablog.com

2018年05月31日北日本新聞の一面広告で、6月10日(日)に親鸞会館で行われる高森顕徹会長の講演会が掲載されていました。
また、前回のエントリーで紹介した、高森顕徹会長の講演会動画がFacebook広告にも出てきました。
f:id:yamamoya:20180603051711p:plain

続きを読む

公式サイトに高森会長の降誕会講演が公開(一部無料)されたことについて考えたこと

親鸞会公式サイトに、2018年05月12日13日に行われた、親鸞会館での高森会長の講演が一部公開されました。
shinrankai.jp

お布施を出せば、全ての録画が、ネット上で見ることができるようです。

かつては会場に「録音はご遠慮下さい」の垂れ幕をかけ、「ビデオ法話の録画テープ(当時はVHS)をダビングしたものは死刑」と言っていた時代を知るものとしては、隔世の感があります。

続きを読む

「高森顕徹会長は今年引退するかも」と思った「歎異抄をひらく」出版10周年記念講演(2018年05月12日(土)13(日)親鸞会館)

2018年05月12日(土)13(日)富山県射水市親鸞会館で、降誕会が開かれました。
詳しい内容は、すでに他の方がブログに書かれています。
hiun.cocolog-nifty.com
shingikensho.blog12.fc2.com

参加された人からの話を聞いた私の感想は、教義が正しいとか以前に高森顕徹会長には二日続いての話はすでに難しいのではないかということでした。

続きを読む