親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

「高森顕徹会長は今年引退するかも」と思った「歎異抄をひらく」出版10周年記念講演(2018年05月12日(土)13(日)親鸞会館)

2018年05月12日(土)13(日)富山県射水市親鸞会館で、降誕会が開かれました。
詳しい内容は、すでに他の方がブログに書かれています。
hiun.cocolog-nifty.com
shingikensho.blog12.fc2.com

参加された人からの話を聞いた私の感想は、教義が正しいとか以前に高森顕徹会長には二日続いての話はすでに難しいのではないかということでした。
f:id:yamamoya:20180519151214p:plain


今回の話の内容をまとめると以下のようになります。

演題「念仏者は無碍の一道なり」
1日目

  • 煩悩しかない者が救われるとどうなるか?
  • 無碍の一道の身になる
  • 煩悩あるままで「絶対の幸福になる」
  • 絶対の幸福とは、「死んだらどうなるかハッキリする」
  • 煩悩あるままで絶対の幸福になるといわれたのが正信偈の「譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇」
  • 雲霧(煩悩)がなくならないけれども、闇(人生の目的がわからない心、死んだらどうなるか分からない心)はない。

2日目(座談会)

  • 念仏者とは何か?
  • 念仏に3通りある。
  • 涙といってもいろいろある、悲しい涙、悔しい涙、嬉しい涙
  • 闇にいるとき称えるのは悲し涙
  • 自力の心でなんとかしようとするのは自力の念仏
  • お礼の心で称えるが他力念仏
  • 念仏に自力の念仏と他力の念仏があるから、他力の念仏になりなさい

こうしてまとめて見ると、演題「念仏者は無碍の一道なり」の話だとわかる人はないと思います。
さらに短くまとめてみると、このようになります。

煩悩あるままで死んだらどうなるかハッキリする絶対の幸福になれる。念仏には自力の念仏とお礼の心で称える他力の念仏がある。以上

普通は「念仏者は無碍の一道なり」とあれば、歎異抄第7条の話だと考えます。
参考までに、歎異抄第7条と現代文を紹介します。

第7条
(7) 一 念仏者は無碍の一道なり。そのいはれいかんとならば、信心の行者には天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障碍することなし。罪悪も業報を感ずることあたはず、諸善もおよぶことなきゆゑなりと[云々]。(現代文)
念仏者は、何ものにもさまたげられないただひとすじの道を歩むものです。
それはなぜかというと、本願を信じて念仏する人には、あらゆる神々が敬ってひれ伏し、悪魔も、よこしまな教えを信じるものも、その歩みをさまたげることはなく、また、どのような罪悪もその報いをもたらすことはできず、どのような善も本願の念仏には及ばないからです。

http://labo.wikidharma.org/index.php/歎異抄#.E7.AC.AC7.E6.9D.A1

少なくとも、原文と現代文を一読して見て、今回の二日間の話が該当するところはないに等しいと思います。

引退説も納得。高森顕徹会長の話の特徴がよく現れた話。

こういうことを書くと、現在会員の人はあまり納得されないと思いますが、加齢をさしひいても高森顕徹会長の話は年々聞いてもわからないものになってきています。こういうと過去はまともな話をしていたかのように思う人も有りますが、教義的な意味で正しくないという意味では昔も今も変わりません。
ただ、以前は教義の正当性を抜きにすると、始めてきた人でも「そうか」と思わせる話をしていました。それは、高森顕徹会長の才能の一つ、詭弁でもなんでもとにかく弁が立つというのがそう思わせていました。


その話に魅了されて会員になったり講師部になった人が今でも残っている会員だと思います。しかし、詭弁も押し出しの強い人がまくし立ててると本当のように聞こえても文章に書くと矛盾が明らかになるように、高森顕徹会長の話も自慢の弁舌が衰えることによって「何を60年間話をしてきたか」という正体がハッキリするようになってきました。

その特徴をあげると以下の2点です。
1 実は何も話をしていない。
2 真宗の単語は出しても、その説明は説明になっていない。

1に関しては、今回の話のまとめを見ると分かります。なんとなく「絶対の幸福」というすごい幸福になれるような話をしているように思います。しかし、絶対の幸福がどんなものかは、語っているようで語っていません。また、どうしたらなれるかという話もありません。また、とってつけたように2日目に念仏の話を始めますが、絶対の幸福との関係はほとんど語りません。


2に関しては、「無碍の一道」「念仏」は説明するものの実際の真宗の解説とは違う話をします。
その間に「凡夫というは無明煩悩われらが身にみちみちて〜」のような、誰が読んでも間違わないような部分だけ取りだして話をし、それらしい話に見せています。
例えば「阿弥陀仏」とか「お釈迦さま」とか「親鸞聖人はいつごろの人か」などの話は普通にするものの、「念仏」や「信心」といったとても大事な部分についてはほぼしないか、しても自分に都合のよい説明しかしません。


間違った教えを伝える事は恐ろしい罪になります。しかし、それに加えて「実は何も話をしていない」というのが輪をかけて参詣者にとってはいい迷惑です。
ネットでの批判を意識してか以前は「50年間縦の線と横の線を書かなかったことはない」と豪語していたあの図(会員の人はよく知っている)も今回は書きませんでした。

今年で引退を見据えた行事

今回は、地元の新聞に1面広告で行事案内をしたり、その後行事の内容を富山新聞に記事に書いてもらったりと過去にないことをやっていました。おそらくこれだけ人を集めねばならないのは、映画「歎異抄をひらく」の制作資金を銀行から融資をとりつけるために必要なアピールだったのでしょう。「これだけ人が集まる団体ならば制作資金は回収できる」と銀行に思わせたかったのでしょう。
そして、今年の秋の親鸞会結成60周年大会と、映画「歎異抄をひらく」の完成をもって高森顕徹会長は自分の思い描く「有終の美」を飾って引退すると今の所は言っているのでしょう。「今回が最後」の案内で、それなりに参詣者が来たことに気を良くして、今度の60周年大会は、「高森顕徹会長引退講演」の冠をつけて悲願の1万人参詣を目指していることと思います。


しかし、仮にそれで一万人参詣したとして、高森顕徹会長が引退した親鸞会には何があるでしょうか?
待っているのは「高森顕徹会長が話をしないなら私は会をやめます」と思っている長年の会員の大量退会と、全国にある沢山の箱物しかないのではないでしょうか。実際それを見据えてか、講師部員のほとんどは支部長から無担当となり、事実上の解雇(2回目)状態です。
講師部員の皆さんは、「なぜ生きる」のまえに「まず生きる」ことを考えたほうがいい時期になったのではないかと思います。

広告から見る高森顕徹会長最後(?)の講演を考える

2018年05月12日(土)13(日)に富山県射水市親鸞会館で高森顕徹会長による降誕会が開催される予定です。
前のエントリーにも書きましたが、元会員には「これが高森顕徹会長2日続きの最後の法話になるかも」ということで誘いがあるそうです。そのためか、過去になかった新聞広告での降誕会の告知がありました。
f:id:yamamoya:20180511160223p:plain
富山新聞5月1日号


それに続くのが、親鸞会降誕会のチラシです。どれも、「歎異抄をひらく」10周年を謳っています。しかし、よく見ると、チラシによっては内容が異なります。
f:id:yamamoya:20180511160205p:plain
話をする人の記載なし。「歎異抄をひらく」にも触れず。

f:id:yamamoya:20180511160123p:plain
高森顕徹会長の名前は控えめ

f:id:yamamoya:20180511160148p:plain
高森顕徹会長の名前を全面に押し出す。

「念仏者は無碍の一道なり」これがなぜ生きるの答えです(?)

3枚目チラシが親鸞会の教義がよく現れています。

演題 念仏者は無碍の一道なり
これが「なぜ生きる」の答えです。

これを読んで「そうだ!そうだ!」と思う親鸞会会員の方もあるでしょう。
しかし、親鸞会の言葉に置き換えるとどうでしょう。


親鸞会では「無碍の一道=絶対の幸福」ですから、なぜ生きるの答えは「絶対の幸福」ということになります。つまり、完全無欠な幸福になるために生きているということになります。


個人的な動機としてそうなりたい人もあるでしょうが、浄土真宗はそうではありません。阿弥陀仏は、浄土に往生させ仏にしてみせるという本願を建てられています。浄土真宗では「なぜ生きる」といったとしても、阿弥陀仏は何を願われているかということになります。


このチラシからも、高森顕徹会長の最後かもしれない2日間の講演も、浄土真宗の話ではないことはよく分かりました。

「(高森顕徹)会長、法話やめるってよ」2018年05月12・13日親鸞会降誕会での引退説を考える。

表題は「桐島、部活やめるってよ」のオマージュです。念のため。
桐島、部活やめるってよ - Wikipedia


2018年05月12日(土)13日(日)は、富山県射水市親鸞会館で、高森顕徹会長による降誕会が開かれる予定になっています。
複数の方から「今回が最後の高森顕徹会長の講演になるかもしれないから来て下さい」との誘いを受けたと聞きました。


こちらのブログでも言及されています。
blog.livedoor.jp


個人的な感想としては、「高森顕徹会長の法話は最後かも知れない」という誘い文句に親鸞会の現状が現れているのだと感じました。


なぜなら、これまでの降誕会報恩講で退会した人にそんなことを言ったことはなかったからです。よほど参詣目標に対して厳しい現状なのだということが分かります。つまり、退会者も参詣人数にいれなければ、降誕会の参詣目標に届かないのでしょう。


私個人の意見としても、本当の本当に高森顕徹会長の最後の話ならばどんなことを言うのだろうかという気持ちで聞いてみたい気持ちはあります。なぜなら、今までどんな気持ちで真宗教義にないことを、あたかも浄土真宗の正統だと言い続けた理由が知りたいからです。その理由については、大方の予想通り功名心にほかならないとは思います。しかし、本当にそんなことだけでこれだけ多くの人を「浄土真宗ではない教えに巻き込んでいったのか」と考えると、とても想像はできないことです。だからこそ本当のことが知りたいと思います。


ここからは、私の想像で書くことです。
おそらく高森顕徹会長は、「もう法話はしたくない」「次で終わりだ」といい始めたのではないかと思います。その理由は、話をするごとに批判ブログに的確な批判記事を書かれてしまうからです。確かに自分も薄々「間違っているかもしれない」という話を数千人の前で話をしたあとに、ブログで批判されてはさしもの高森顕徹会長も心が折れるかも知れません。


それに対して「こんなに高森顕徹会長の話を聞きたい人がいますよ」「降誕会の参詣者は過去最高です」といって高森顕徹会長に話を続けて貰おうという側近の考えなのかと思います。


それで、仮に「過去最高の参詣者」があったとしても、話の内容についての批判が終わる訳ではありません。
おそらく、「こんな話をしたそうだけれども、高森顕徹会長の話は間違っている」という批判は止むことはありません。批判を受けたくないのなら、高森顕徹会長自身が法話をやめるしかありません。

映画「なぜ生きる」の「幸せな人生にガラリと変わる」について長い釈明を続ける高森顕徹会長(2018年04月08日(日)二千畳講演会)

2018年04月08日(日)富山県射水市親鸞会館で、高森顕徹会長の二千畳講演が行われました。
参加された方から、聞いたことから感じたことを書きます。

内容は、映画『なぜ生きる』の中の蓮如上人のお言葉についての質問に答えるというものでした。

「大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わるとは、どう変わるのでしょうか。」(42ページ)


具体的な内容は、以下のブログにも書かれています。
hiun.cocolog-nifty.com

shingikensho.blog12.fc2.com

何度も同じ質問が続くのはなぜか?

会員の皆さんにとっては、今回の映画「なぜ生きる」のシナリオからの質問はおなじみのものです。すでに、この「大悲の願船に〜ガラリと変わるとは、どう変わるのでしょうか」についてはすでに何回も出ています。
それについて、高森顕徹会長から何回もいろいろな話で解説をしていますが、それでも続いて同じ質問が出続けるのはなぜでしょうか?

答えは、高森顕徹会長の回答がいつも問いに対する答えになっていないからです。

では、なぜ何度話をしても、この質問について答えたことにならないのでしょうか?
それは、この問いがそもそも成立しないからです。なぜなら「苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる」というのが、間違っているからです。


「幸せな人生にガラリと変わる」?

こう書くと「そんなことはない」と思われる方もあると思います。確かに、阿弥陀仏の本願通りに救われると、生死を離れて浄土に往生させて頂けますし、仏のさとりをえさてて頂けます。そういう意味では、大変わりをするわけです。また、人生も変わってきます。

しかし、親鸞会会員の方ならすでによく聞いている通り、例え救われたとしても「凡夫」であることには何の変わりもありません。それは親鸞聖人が、一念多念証文に言われている通りです。*1

その「臨終の一念まで煩悩は変わらない」と聞いているその一方で「苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる」と聞いてどう理解しているでしょうか?「死ぬまで煩悩は変わらないけれど、苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる」と思ってはいないでしょうか?私もそう理解をしていました。阿弥陀仏に救われたならば「不安が消える」とか「心がほっとする」ように思っていました。


しかし、阿弥陀仏が救うと本願に誓われているのは、「私を浄土に生まれさせる、仏にしてみせる」ということであって、煩悩によって日々つらい思いをする私の煩悩をなんとかしてやるというものではありません。


往生定まることと、あらゆるトラブルが無くなるは違う

病気に例えると、「病気を治す」というのが阿弥陀仏の本願であって、「人生をガラリと変える」という本願ではありません。もちろん、それまで長いこと苦しんでいた病気によってそれが根治すれば、ある意味でそれまでの人生とは変わってきます。また、病気が治った喜びもあります。しかし、病気以外の苦しみは病気を治すことによって解消はされません。例えば、人間関係の苦しみなどは、病気が治ることと関係がありません。


今回の高森顕徹会長の話も、いろいろと根拠は出すものの言いたいことは「(阿弥陀仏に救われると)私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる」です。それも、オセロゲームで例えるとそれまでほぼ黒一色の盤面が、阿弥陀仏に救われると全部白く変わるかのように会員に説明をします。「苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる」と言えば、聞いている会員の「苦しみの人生」で連想する生きていく上での様々なトラブルが、すべて無くなるように理解をします。今まで親鸞会で、辛い目にあってこられた皆さんが「阿弥陀仏にさえ救われれば……」といろいろな「利益」を期待する気持ちも分かりますが、あくまでも阿弥陀仏の救いは「浄土に生まれさせ、仏にしてみせる」です。


こういうと「では現生十種の利益を否定するのか?」という方があります。もちろん、現生十種の利益はあります。
しかし、親鸞会での現生十種の利益の解説や理解は「51段のさとりと等しい境地にたってすべての患いから離れたもの」のようになっています。
f:id:yamamoya:20180415052555p:plain
注)私の過去の入正定聚の益のイメージ


しかし、そんなものではありません。


まとめ

高森顕徹会長の「大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わるとは、どう変わるのでしょうか。」は、「阿弥陀仏にさえ救われれば、人生のあらゆるトラブルが解決する」かのように、会員を誘導する意図があるため、まともに解説をしようとするといろいろとつじつまが合わなくなってきます。なぜなら、阿弥陀仏の本願は「人生のあらゆるトラブルを解決する」ものではないからです。
ないものをあるかのように色々と根拠をならべてそれらしくしても、会員を誘導しようとする会長の意図がそもそも無理があるので、その言い訳に終始しているのが高森顕徹会長の話です。
それは最近、国会で話題になっている内閣の種々の問題に対する首相や大臣の答弁を聞くようなもので、どれだけ聞いても結論はでません。
高森顕徹会長が真実を説くというのなら「真宗にないことを説いていました」というだけです。それでこそ、「真実を説き切る善知識」と言うものではないでしょうか?

*1:「凡夫」といふは、無明煩悩われらが身にみちみちて、欲もおほく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおほくひまなくして、臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえず、たえずと、水火二河のたとへにあらはれたり。

書評 心が「ほっ」とするほとけさまの50の話(岡本一志・親鸞会講師)高森顕徹会長の歩んだ道をたどり始めた講師部員

宗教法人浄土真宗親鸞会講師・岡本一志氏(おかもん)(一般社団法人全国仏教カウンセリング協会代表)の新刊・心が「ほっ」とするほとけさまの50の話 を読みました。


偶然にも、最近同じく宗教法人浄土真宗親鸞会講師・長南瑞生氏の本も出版されましたので、その二つを読んで思ったことを書きます。そちらの書評は、以下を参照下さい。
shinrankaidakkai.hatenablog.com

内容に関しては、以下Amazonより引用します。

やさしい心には、やさしい出来事が集まってくる――
どんな問題にも、ほとけさまは「答え」を示しています!

仕事、生活、人づきあい、自分のこと、将来のこと……。
生きることは、それだけで大変なこと。
そんな私たちの心の問題に答えを示してくれるのが、
今から2600年前に、ほとけさま――お釈迦さまが説かれた教えです。
本書を、お釈迦さまによるお悩み相談室に
来たような気持ちで、読んでみてください。

●「運が悪い」「ついてない」ことなんて、本当にある?
●悪口が聞こえても、受け取らなければ、風や雨の音と同じ
●「曲がった松の木」を真っすぐに見ようとしていませんか
●地獄の住人と、天国の住人の「違い」はどこにある?
●家族・友人――“釣った魚”にこそ餌をあげよう
●まいたタネは、いつかかならず花ひらく
●「つらい出来事」の受け止め方で、これからが変わっていく

上記のような内容について、50のエッセーを書いたのが本書です。私はこの本を読んで見ましたが、少なく見ても50のうち28は、親鸞会で聞いた話でした。以下は、そこに付せんを貼った画像です。
f:id:yamamoya:20180401133301p:plain

以前に書評を書いた長南瑞生氏の本と同様、「浄土真宗の教え」ではなく「ほとけさまの話」として書かれています。そのため、私自身がこのブログで書いているような「それは浄土真宗ではない」という批判に対しては何を言ってもあまり意味のない本になっています。

この本については岡本一志氏は、自身のブログで以下のように書いています。
ameblo.jp

頭で書こうとしていたから書けなかったんだ。
これまで出会った皆さんを思い出しながら書けばいいんだ
と思うとすらすらと筆が進むのです。

年末年始は実家にこもってひたすら執筆、
朝、書き始めて、我に返ると夜になっていました。

こんな感じで本を書いたとのことですが、私もブログを書いていていわゆる「ノッてきた」というときは時間感覚がなく一気に書きます。そうして、書いたあとで「自分はこういうことが言いたかったんだ」と気がつくようなものが「書く」という行為です。


今回「心がほっとするほとけさまの50の話」で、著者の本心というか決意表明のような部分があったので引用します。

どんなに努力しても、目的が間違っていたら、めざすところにたどり着くということはありません。
逆に、正しい目的に向かっているなら、仮に歩みが遅くても、最後にはかならず、たどり着けます。
努力はとても大切なことですが、その前に何のための努力なのか、それは正しく目的に向かってのことなのかということが、ハッキリしていなければなりません。
もし、がんばっているのに空回りしている、がんばっても進んでいる感じがしないと思ったら、自分は何のために努力をしているのかを、改めて振り返ってみてみましょう。(P206-P207)太字は原文ママ

計らずも本心が書かれているのだなと思いました。「がんばっているのに空回りしている、がんばっても進んでいる感じがしないと思ったら、自分は何のために努力をしているのかを、改めて振り返ってみてみましょう」と岡本一志氏は振り返ってみたのでしょう。その結果が「一般社団法人全国仏教カウンセリング協会代表」としての活動になりました。

まとめ 高森顕徹会長の歩んだ道をたどり始めた岡本一志氏

親鸞会講師部員は、「会長先生の歩まれた道を進むのだ」と会のなかで言われてきました。文字通りに実践すると、この岡本一志氏や、長南瑞生氏のような行動になります。
それは何故かといえば、高森顕徹会長は自身が元いた団体(華光会)もそこでいろいろと教えを受けてきた師匠の名前も、一切公にはしていないからです。そして、大半はその元いた団体で師匠から聞いた話を、さも自分の話のように人に話をしてきました。
そのような高森顕徹会長と同じ道を歩むのならば、別団体を立ち上げ親鸞会高森顕徹会長の名前も一切隠して、しかも話の内容の大部分が親鸞会で聞いたものということになります。この2名だけでなく今後も社団法人○○仏教○○○○とか、株式会社仏教○○○というのが出てくることでしょう。著者略歴に、曖昧な部分が多いものは親鸞会講師または元親鸞会講師と思って間違いないでしょう。

最後に著者2人へ「浄土真宗を信じていますか?|

どんな道を歩むのも人の自由ではありますが、ただ著者に聞いて見たいのは「浄土真宗を信じていますか?」の一点です。
もう信じていないということならば、大変残念なことですがそれもご縁と思います。もし信じているのであれば「仏教風のカウンセリング」をするヒマがあったら、南無阿弥陀仏を聞いて自身の生死を離れて下さい。

会員に「ワシを疑うな」と念押しする高森顕徹会長(2018年03月25日(日)なぜ生きる映画解説より)

f:id:yamamoya:20180330183407p:plain
2018年03月25日(日)富山県親鸞会館で、高森顕徹会長による「なぜ生きる」映画解説が行われました。
とはいえ、最近の高森顕徹会長は映画「歎異抄をひらく」にかかりきりで、映画「なぜ生きる」にはあまり関心がないようす。

今回の演題は、

映画『なぜ生きる』の中の蓮如上人のお言葉「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです。」とは、どんなことでしょうか?

だったそうです。

しかし、話の内容はずっと歎異抄第2条の話でした。

その内容については、すでにこちらのブログで言及されています。
shingikensho.blog12.fc2.com

続きを読む

書評「不安が消えるたったひとつの方法」(長南瑞生・親鸞会講師)親鸞会の未来を感じる1冊

宗教法人浄土真宗親鸞会講師・長南瑞生氏(日本仏教アソシエーション株式会社代表取締役)の新刊「不安が消えるたったひとつの方法」を読みました。以下読んで感じたことを書きます。

不安が消えるたったひとつの方法

不安が消えるたったひとつの方法

長南瑞生氏の著作については、以前もこのブログで書いています。
shinrankaidakkai.hatenablog.com

前作が2014年9月でしたから、今回は3年半振りの著作となっています。

本というのはかなりの分量の文字を書くことで、著者の本心がにじみ出てくるものです。私は、この本を読んで3年半で親鸞会講師の考えが相当変わったのだと感じました。


結論から言うと、「高森顕徹会長の話を聞いて下さい」の前作に対して、今回は「私の話を聞いて下さい」になっていることが大きな変化です。そして「浄土真宗の教え」から「ブッダの教え」への転換です。

続きを読む