親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

親鸞会「850の集い(降誕会)」は外部批判対策合宿(顕真2024年05月号を読んで)

宗教法人浄土真宗親鸞会(富山県射水市)の機関誌・顕真2024年(令和6年)5月号を読みました。 顕真2024年5月号目次より親鸞会では、富山県射水市の親鸞会館を中心に「親鸞聖人ご生誕850年(850の集い)」が、2024年05月23日(木)〜29日(水)まで一週間行…

添谷亮介親鸞会講師からの質問「与韋提等獲三忍が阿弥陀仏の救いは一念でガラリと大変わりするという根拠にならないとはどういうことか?」について

親鸞会と桜嵐坊の仏教部屋との間で動画上でのやり取りが続いています。 今回これに関連して、添谷亮介講師から私に対して質問が来たのでそれについて書きます。 動画の中ではYoutubeでの返答を求めておられるようにも取れる言い方でしたが、Youtube動画の欠…

【暫く固定】【まとめ】親鸞会Youtuberと桜嵐坊の仏教部屋の議論・救われた瞬間に大きな変化があるのかないのか問題【随時更新】Part2

shinrankaidakkai.hatenablog.comまとめ記事が長文になり、画面表示が重くなったため、途中で分割しました。 当該内容についてのコメントは、こちらの記事にお願い致します。 最近の更新 2024年06月06日(木)桜嵐坊さんの動画を追加 2024年05月22日(水)添谷…

「日本の10大カルト」(島田裕巳著・幻冬舎新書)に親鸞会が掲載。一度終わった他団体の記事も読んで思った事。

日本の10大カルト (幻冬舎新書)作者:島田裕巳幻冬舎Amazon 紹介文より 本書では、日本社会でカルトとして扱われてきた団体を10選し、創設の経緯、特徴、現在の信者数、今後予想される展開などを概説した。 「日本の10大カルト」(島田裕巳著・幻冬舎新書)…