読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

「真実を聞け」とこちらが言うと「何もするな」と聞こえるらしい「静かな劇場」

宗教法人浄土真宗親鸞会弘宣局の講師部員が管理する「静かな劇場」が更新されていました。更新するたびに教義的な内容がなくなって来ていますが、今回は少し気になるところがあったのでエントリーに書きます。

親鸞会に対する批判を、静かな劇場さんはこのように受け取っているという部分が気になりました。

ところが今日、件の坊主をはじめ、浄土真宗の看板を
掲げた人たちから、
「方便など要らない、真実だけ聞けばよい」
という方便破壊の言説がまことしやかに語られ、
堂々とまかり通っています。

弥陀の救いで「方便」といわれるのは、救われるまで
の弥陀や釈迦のご教導をいうのに、それを「要らない」
というのだから、結局、
「求めることも、聞き歩くことも、苦労することも
要らない。ただじゃ、そのままじゃ、無条件じゃ」と、
「何もしなくていい」ことを〃一生懸命すすめる(?)〃
漫画みたいな教えになっています。

方便破壊せむものは - 静かな劇場

単純に日本語の問題として、「浄土真宗の看板を掲げた人たち」の主張が、前後で変わっています。

最初に

「方便など要らない、真実だけ聞けばよい」

方便破壊せむものは - 静かな劇場

と、「浄土真宗の看板を掲げた人たち」が主張していると書いています。
(方便と真実については後述します)

それが、次になると

「求めることも、聞き歩くことも、苦労することも
要らない。ただじゃ、そのままじゃ、無条件じゃ」と、
「何もしなくていい」ことを〃一生懸命すすめる(?)〃
漫画みたいな教えになっています。

方便破壊せむものは - 静かな劇場

と変わっています。

一言で言いますと、前者は「真実だけを聞け」という主張です。それに対して後者は「何もするな」という主張です。同じ「浄土真宗の看板を掲げた人たち」の主張と言いながら、内容が全く変わっています。

前者に関しては、私もブログで書いていますが、後者に関しては言ったつもりはありません。もしあったら、どこにあるのでしょうか?断章せずに指摘してください。
相手が言ってもいないことを、勝手に言ったと主張して

いいかげん目を覚まさないと、本当に浄土真宗は滅び
てしまいます。

方便破壊せむものは - 静かな劇場

と言われても、誰に言っているのでしょうか?と言いたくなります。

最後に方便と真実について書きます。「方便など要らない」と私が書いているのは、「親鸞聖人が方便だから捨てよ」といわれたもののことです。

仮といふは、すなはちこれ聖道の諸機、浄土の定散の機なり。(教行信証信巻末・浄土真宗聖典(註釈版)P265)

http://goo.gl/ebdix

これら仮をすてて真実に入れと勧められたのが親鸞聖人です。「聖道の諸機、浄土の定散の機」に共通しているのは、自らの三業で修業や、念仏を行じて救われようとするところです。それを捨てよと言われています。

なぜそういわれるのかといえば、それら自力の三業は、阿弥陀仏が本願を建てる際に捨てられたものだからです。

もしかくのごとき安心起行をなすは、たとひ身心を苦励して日夜十二時に急に走め急に作して頭燃を灸ふがごとくするものは、すべて雑毒の善と名づく。この雑毒の行を回してかの仏の浄土に求生せんと欲するは、これかならず不可なり。
なにをもつてのゆゑに、まさしくかの阿弥陀仏、因中に菩薩の行を行じたまひしとき、乃至一念一刹那も、三業の所修みなこれ真実心のうちになしたまひしに由(由の字、経なり、行なり、従なり、用なり)つてなり。おほよそ施したまふところ趣求をなす、またみな真実なり。また真実に二種あり。一つには自利真実、二つには利他真実なり。{乃至}
不善の三業はかならず真実心のうちに捨てたまへるを須ゐよ。またもし善の三業を起さば、かならず真実心のうちになしたまひしを須ゐて、内外明闇を簡ばず、みな真実を須ゐるがゆゑに至誠心と名づく。(教行信証信巻・善導大師散善義引文より・浄土真宗聖典(註釈版)P217)

http://goo.gl/GCPyn

これは散善義を引文されて、親鸞聖人が読み替えられている文章です。
私たちの行為では頭ついた火をもみ消すほどやっても浄土には絶対に往生できないと言われたています。
そのあとに、阿弥陀仏が法蔵菩薩であったときになされた真実心でなされた行が真実である。その如来が真実心でなされた功徳を私たちに施して下さいます。それを私が頂いて浄土に往生したいと願うのであればそれもまた真実なのであると書かれています。

「不善の三業」とは、人間の三業です。それは、阿弥陀仏が本願を建てる際に捨てられたものですから、その通りに捨てなさい。もし善の三業をもって浄土往生しようとするのならば、必ず阿弥陀如来が法蔵菩薩であったときになされた三業をを須いなさいとすすめられています。その真実とは、ここでは至誠心とかかれていますが、南無阿弥陀仏のことです。

「方便など要らない、真実だけを聞けばよい」という意見は、上記のご文からいいますと、「不善の三業」など要らない、阿弥陀仏が捨てられたものだから。真実だけを聞きなさい。真実とは南無阿弥陀仏です。」という主張になります。

こういう意味でこちらは「方便など要らない、真実だけを聞けばよい」と言っているのが、「何もしなくていい」に変わっているのが、静かな劇場の主張です。

なぜそのようになるのかを考えて見ますと、意図的というよりは、「真実を聞く」ということがどういうことかよく分からないからではないでしょうか。
顕正新聞を書いているのなら、「顕正」して下さいと前のエントリーでも書きましたが、こちらに対しては相変わらず批判にもならない批判を書き、「静かな劇場」を読んでいる会員に向けては「親しみ近づいてはなりませんよ」と書いているだけです。

方便を捨てて真実を聞け、本願をそのまま聞けというのが「怠け者」「脱力系」としか聞けないのは、そのまま本願を聞くとはどういうことかを知らないと告白しているだけです。

最後に静かな劇場さんに書きますが、浄土真宗の未来の心配をする前に、自分の後生の心配をしてください。これは嫌味ではなく、本気で言ってます。ただ今救う本願に救われてください。「一人なりとも信をとる」が真宗の繁盛ですから、あなたが信をとらないことが何よりの真宗の衰退ではないのですか?