親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

「宮田秀成氏の邪義(1) 獲信しても浄土往生の確信はない??」の原文はこちらです

少し前に、以下のような記事がネットにあることを教えていただきました。kazoku.sub.jp
f:id:yamamoya:20150406163742p:plain

上記は、宗教法人浄土真宗親鸞会(会長:高森顕徹氏)の弘宣局作成の「親鸞会批判の真実」なるサイトです。あまり更新していないので、私も更新確認をしばらくしていませんでした。


また、個人名で検索することをエゴサーチといいますが、私自身、自分の名前で検索することがなかったので気がついていませんでした。
ちなみに現在「宮田秀成」で検索すると、上記のページが一位になっています。
f:id:yamamoya:20150406164225p:plain
Yahoo!検索結果)

上記の記事は、親鸞会お得意の自分に不利な情報はその情報源を示さずに、顕正新聞さながらに手前勝手な編集をしています。

一応全部読んでみましたが、すでに親鸞会側が完全に間違いで決着がついた議論なので、以下に当ブログの記事を紹介します。

shinrankaidakkai.hatenablog.com

「宮田秀成氏の邪義(1)獲信しても浄土往生の確信はない??」の元に成っているのは、上記エントリーのコメント欄でのやりとりです。とても、長いものなので、コメントのまとめのエントリーを作っています。shinrankaidakkai.hatenablog.com
shinrankaidakkai.hatenablog.com


詳しくは、以上を参照いただければわかると思います。

ただ、上記のエントリーを御覧になるまでもなく、親鸞会の主張は「宮田秀成氏の邪義(1)獲信しても浄土往生の確信はない??」を読むだけでも、充分おかしいということは解ると思います。いえばいうほど、親鸞会は一益法門の集団であり、一念覚知の異義を主張していると自分で告白することになっています。
老婆心ながら、恥の上塗りをしていることを、親鸞会弘宣局の皆さんにお伝えしたいと思いこのエントリーを書きました。