読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

高森顕徹会長(浄土真宗親鸞会)の著書「白道燃ゆ」(女の業界)が吉行淳之介著「女の決闘」そのままだった件(画像あり)

高森会長とは、その程度の人物だということです: 飛雲で紹介されていた宗教法人浄土真宗親鸞会会長高森顕徹氏の著書「白道燃ゆ」の「女の業界」が吉行淳之介著「女の決闘」の剽窃だった件について、ご縁のあった方から「女の決闘」を譲っていただきました。有り難うございました。

送っていただいた方からの情報によりますと、

「赤と紫」は1963年に中国新聞に連載小説として222回連載されています。
北陸地方では北国新聞に連載されていました。
この「赤と紫」は連載途中で「女の決闘」と改題されて、1964年に桃源社から単行本で出版されています。

とのことでした。

私はこの本を読んだときには、あまりにもそのままの文章なので驚きました。
以下に画像を貼りましたのでご覧下さい。

f:id:yamamoya:20121105171437p:plain
こちらが高森顕徹著「白道燃ゆ」の本文です。
f:id:yamamoya:20121105171526p:plain
こちらが吉行淳之介著「女の決闘」の文章です。
f:id:yamamoya:20121105173435p:plain
なぜか「高森顕徹公式サイト」の「白道燃ゆ」の目次には、「女の業界(女の決闘)」が掲載されていません。
サイト作成者も、剽窃に気がついたのだと思われます。
ちなみに、最初にこのサイトを作成したのは私です。当初は、女の業界は目次にあったと記憶しています。その後消されたようです。