読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

顕真7月号(親鸞会機関誌)の巻頭言は、法論から逃げます宣言

親鸞会の機関誌『顕真』平成24年7月号の巻頭言を読みました。内容は以下の通りです。
f:id:yamamoya:20120725163146p:plain

●見て過ぎよ
『ひらく』に反論不能のレベルの論難は、われらの相手に非ず。
聞き捨て、見て過ぎよ。(親鸞会機関誌_顕真平成24年7月号巻頭言より)

言い換えれば、「歎異抄をひらく」に反論不能と親鸞会が認定した論難は、聞いても聞かないふりをしろ、見ても見ないふりをしろということです。

同じ「顕真」に、「ひとくち問答」で「飛雲」から挑まれた法論に答えながら、巻頭言では「論難は聞き捨てよ、見て過ぎよ」といっています。
f:id:yamamoya:20120725163735p:plain


法論に答える気があるのか、ないのか、機関誌上でその意図を鮮明にすることを希望します。