親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

宿善

高森顕徹会長(宗教法人浄土真宗親鸞会)の言う「宿善をつむ」表現の変遷について

安心問答にあったコメントですが、こちらにエントリーとして書きます。 脱会5年目 2013/07/12 15:22 ひなさん、本筋からは外れた話なのですが、親鸞会で「宿善を積む」という教義を刷り込まれたというのは本当でしょうか? 少なくとも私が会員だった頃は、…

親鸞会の年頭所感をまとめると「いつ死ぬかわからないから財産は親鸞会に出せ」

顕正新聞*1平成25年1月1日号は、年頭所感が掲載されています。前回のエントリーに紹介した以外の部分で紹介します。年頭所感は、会長はじめ各部門長が文章を書いているので、現在の親鸞会の活動方針がよくわかります。 新年の確認と怒濤の光輪 高森顕徹 …

「お布施をすれば必ず返ってくると親鸞会で聞いています。近頃疑問に思うのは、返ってくると聞くと出した方が良い気がしますが、返ってくる為ならば始めから出さねば良いのではないでしょうか?」(幽霊会員さんより)

お布施をすれば必ず返ってくると親鸞会で聞いています。近頃疑問に思うのは、返ってくると聞くと出した方が良い気がしますが、返ってくる為ならば始めから出さねば良いのではないでしょうか? それとも法を聞けば因果の道理はウソで100円が200円になる…