読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞会を脱会した人(したい人)へ

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)の為に、親鸞会とその教義の問題について書いたブログです。

親鸞会の「常に完膚なきまでにそれらの悪魔外道を摧破しつづけてきた」法論の実態。「浄土往生の自覚」の有無をめぐっての親鸞会関係者(ゼロさんJBさん)とのやりとりまとめ2

当ブログのコメント欄で、ゼロさん、ナビさん、JBさんを名乗る親鸞会講師部員と思われる人との議論のまとめの2回目です。前回のコメントに劣らず大変な長文です。(6万字超)関心のある方のみ続きを読むからご覧ください。コメント全文をよまない方に結論だ…

高森会長の教えは、一言で言えば「ウソ、大げさ、紛らわしい」(しかばねさん他のコメントより)

私は、後生の一大事に驚きがたっていません・・・というか、それが、どういう状態になったことを指すのかも、よくわかりません・・・。(しかばねさんのコメントより) - 安心問答(浄土真宗の信心について)で、しかばねさん、浦島太郎さん、たかぼーさんよ…

追記:疑心往生についてのコメントまとめ

前回のエントリーのコメント欄より、疑心往生についてまとまったコメントがありますのでエントリーにしました。(文字修正あり) たかぼー よく分かりません。誰か教えてください。 凡夫には無明煩悩しかない。本願に対する疑情は無明煩悩が本願に向かったと…

阿弥陀仏に救われた人は浄土往生が確信できるか?について考える(サイクロンさんのコメント)のまとめ

一ヶ月ごとに教義が変わる高森顕徹会長(宗教法人浄土真宗親鸞会会長)3月座談会と、4月22日座談会で無碍の一道の説明が変わった件 - 安心問答(浄土真宗の信心について)のコメント欄で、すでに議論がなされている部分について、コメントを引用してまと…